新着記事一覧

12345...13

動画制作の最新記事

caseの代表的な記事を読んで動画制作の概要をつかむ

動画制作にまつわるよくある質問

Q. センスがよくてかっこいい動画はどのようにしたら作れますか?

誰にとってセンスが良いのかによっても変わりますが、重要なのは動画を制作する目的や視聴者のことを考えることです。動画の演出やイラスト・デザインのトンマナなどは「何のための動画なのか」「誰が見るのか」等によって、明確な意図を持って決定していきます。逆説的ですが、「センスがいい動画を制作しよう」と考えないことがスタート地点と言えます。

Q. ドキュメンタリー動画はどうやったら作れますか?

テレビなどでみるドキュメンタリーを想定しているようであれば、長期間取材対象者に密着し撮影・インタビューなどを行う必要があり、長い時間と高い予算が必要になります。しかし、一般的な企業がプロモーションや採用向けにドキュメンタリー動画を制作する場合には短い期間で撮影を行い「ドキュメンタリー風」に仕立てているケースが多くあり、このようなものであれば制作期間と予算を圧縮することも可能です。

Q. 動画制作の料金の相場はどれくらいですか?料金表はありますか?

caseでは料金表はご用意していません。理由はこちらの記事を御覧ください。また、相場についてですが、動画の料金や相場は特定の動画をピックアップし、その動画を制作するのにどれくらいお金が必要なのか?という形で調べる必要があります。もし「こんな動画を制作したい」というイメージがあればお気軽にご相談下さい。

Q. 動画制作のプロとアマの違いは何でしょうか?

様々な解釈があるので非常に難しいですが、動画制作のスキルとして「どこまでできればプロ」ということではなく、「お金をもらって、約束したクオリティを、約束した期間内に実現し納品する」ことができればプロだと考えます。

Q. 成果のでるプロモーション動画を制作する方法を教えてください。

なぜ動画を制作するのかや、誰が見るのかなどの基本的な5W1の情報整理はもちろんですが、まずは「成果」を定義し、その上で動画が担う役割を明確にすることが重要です。クリエイティブの部分はプロである制作会社にまかせて頂ければと思いますが、その前段の情報整理にはお客様のご協力が欠かせません。

厳選トピック記事

動画の種類別の記事一覧

caseとは?

caseは、株式会社caseが運営する動画制作を外注したい企業担当者のためのノウハウメディアです。

これまで複数の企業で、営業・アカウント・プロデューサーなど様々な立場・役割で、広告・デジタルマーケティング・採用・IR・人材研修・展示会プロモーションなどの様々な領域で約400本の動画制作に携わってきた運営者(加藤)が、動画制作を制作会社へ外注する際に「知っておいた方がよいこと」「準備しておいたほうが良いこと」をお伝えするためのWEBメディアサイトです。

当サイトを通して情報を発信しながら、興味をもっていただけた皆さまと共に動画制作を行っていきたいと思っています。

無料相談フォームからのお問い合わせをお待ちしております。

caseでは動画制作のご依頼も承っております
動画制作実績400本以上のプロデューサーが『失敗しない動画制作の秘訣』を惜しみなくお伝えしながら、実績に裏打ちされた高いコストパフォーマンスで高品質な動画制作をご提供します。
ご担当者様に寄り添った安定した制作進行管理を心がけていますので、初めての動画制作の方も安心してお気軽にお問い合わせ下さい。
caseを通して、できること
動画制作のご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください(無料です)