タクシー動画広告の活用と制作のポイントを徹底解説。事例も紹介。

一定以上の経済力を持っている視聴層を見込めるということで大きく需要が伸びているタクシー広告。

TVCMにチャレンジするほどではないものの、市場である程度の評価を受け一定のシェアを獲得している企業による活用が進んでいます。媒体費を抑えた上で一定絞られたターゲットへ配信できることが選ばれる理由である一方で、タレントが起用されているタクシー広告の動画が増えているのは、TV同様に比較的レガシーなレイトマジョリティ層も含めた認知・共感の獲得を狙っていることが推察できます。

本記事ではそんなタクシーの動画広告について、実際に配信された動画事例を交えながら活用や制作のポイントについて解説します。

目次

タクシー動画広告についてよくあるQ&A

タクシー動画広告とは?

タクシーに乗車した際に、目前のモニターに流れる動画広告を指しています。都市部のタクシーの多くにモニターが設置されています。

タクシー動画広告の制作費用はどれくらい?

制作する動画の内容や企画に応じて大きく変動しますが、制作費用をかなり抑えて制作する場合でも200万円〜と考えたほうが良いでしょう。上限は特になく、最近はタレントを起用した動画も増えているため数千万円単位の予算で制作されているものもあります。

タクシー動画広告の制作期間はどれくらい?

制作する動画の内容や企画、予算によって大きく変動しますが、概ね2〜3ヶ月程度と考えて下さい。代理店や制作会社に声をかける際には、遅くとも広告配信の4ヶ月前には声をかけたほうが良いでしょう。

タクシー動画広告の特徴は?

タクシー動画広告の特徴は大きく2つで、都市部を走るタクシーに設置されたモニターで配信されるため、企業の役職者や経済的に余裕のある層がターゲットに多く含まれること。そして、移動中の手持ち無沙汰な時間に目の前で動画が配信されるため、他の広告と比べてターゲットの視点を独占しやすいという点です。

タクシー動画広告の特徴

決裁権を持つ企業の役職者への配信が可能

タクシー動画広告は都市部を走るタクシーに設置されたモニターで配信されるため、企業の役職者や経済的に余裕のある層が多くの割合を占めます。そのため、実際に配信される動画広告としては決裁権を持つ役職者へのリーチ・認知を目的としたtoBのSaaSが多くなっています。

その他、経済的に余裕のある層が多いため、新築マンションや投資商材などの広告も一定の効果を期待できそうです。

ターゲットの視点を独占しやすい

タクシーに乗車した際の、目の前にモニターが設置されていることと、移動時間は手持ち無沙汰であることが多いという特徴もあるため、他の動画広告と比較すると視聴者の視点を独占しやすいというのも特徴です。

DSP広告やYoutubeの動画広告などとは異なり、「目的とするコンテンツ」が存在していないため、自然と「目的地に付くまでの暇つぶしとして、流れているその広告を見る」という、暇つぶしの手段として広告を見るというアクションになるため、広告への嫌悪感を抱きにくく印象に残りやすいというのは、タクシー動画広告ならではと言えます。

タクシー動画広告のメニュー

タクシー動画広告のメニューは

  • 配信回数
  • 配信されるタイミング(乗車直後なのか、他の広告との間なのかなど)
  • 配信エリア

などによって選ぶことのできるメニューが用意されています。メニューの内容は時期によって変動する可能性もあるため、代理店に問い合わせるもしくは、下記のURLより媒体資料を入手して最新の情報を確認しましょう。

タクシー動画広告の制作のポイント

媒体特性を考慮する

タクシー動画広告は、他の広告と大きく異なり視聴者にとっては「移動中の暇つぶし」であることが大半だと考えられます。そのため、ある程度強制的に視聴させることができる状況であるからと言って、視聴者の状況・心情を無視した動画広告を配信してしまうと、商材・サービスへの嫌悪感に繋がる可能性が高まります。

逆に、「移動中の暇つぶし」であるからこそ視聴者の状況・心情に配慮した動画であれば積極的な視聴態度を期待できるとも考えることができます。

例えば、下記の動画のように視聴者の状況に合わせた問いかけは、タクシー広告に関わらず視聴者の注目を引きやすい演出ですが、タクシー広告であれ更に高い効果を期待できそうです。

目的を明確にする

タクシー動画広告を制作する上で、非常に重要なのがその目的を明確にし、可能な限り解像度を上げることです。

例えば、タクシー動画広告の最終的な目的の多くは「サービスを導入してもらう」などでしょう。

では「サービスを導入してもらう」してもらうために、動画はどのような役割を果たすべきでしょうか。

  1. サービスのスペックを把握してもらい、必要十分な性能があると理解してもらうこと
  2. サービスの導入によって実現できることを知ってもらい、圧倒的な作業効率の向上に寄与すると感じてもらうこと
  3. サービスの導入によって実現する世界に共感してもらい、トライアルしてもらうこと
  4. 導入したクライアントの声を聞いてもらい、信頼感を醸成すること

など、該当する商材・サービスの特徴やマーケティング上の課題によって動画の役割も大きく変化します。

自社の商材・サービスが持つ強みや、何が相手の意思決定の材料になるのかをしっかりと分析・把握し動画の役割を明確にしましょう。

ターゲットを明確にする

この動画は「誰が見るのか」「誰に観せたいのか」を明確にしましょう。前述の動画の役割にも紐づきますが、この動画を観る人が

  • 比較的情報感度が高く、新しいサービスへの興味関心が高い人
  • 企業の役職者・決裁権を持つ人
  • 現場で実際にサービスを活用して働くビジネスパーソン
  • あまりITリテラシーが高くない、いわゆるレイトマジョリティ層

…など、動画を見る人が誰であるかで訴求するべきポイントや表現方法は大きく変わります。何が相手の意思決定の材料になるのかをしっかりと分析・把握するためにも、ターゲットは明確にする必要があります。

予算を確保する

目的・役割とターゲットが明確になれば、「この人に、この情報を、こんなふうに伝える」ということまで決めることができます。

しかし、予算が足りなければ「こんなふうに伝える」の部分が弱くなってしまったり、十分に表現できない可能性があります。

例えば、

  • 商材・サービスのメリットやベネフィットは3DCGで表現した方が理解してもらいやすい
  • より広い認知を獲得するためにタレントを起用したい
  • 様々なシチュエーションにおけるベネフィットを提示するために、複数パターンの撮影が必要である

など、適切な演出を加えたくてもそれらの機材・人を用意できなければそれは叶いません。

タクシー動画広告はある程度費用を抑えてのの制作も可能ですが、企画内容や活用媒体によって制作費は大きく変わるため、できる限りお財布には余裕をもたせておいたほうが良いでしょう。

明確なコール・トゥ・アクションを設定する

「行動喚起」と訳され、デジタルマーケティングの世界ではユーザーに「次に起こしてほしい行動」を誘導することを指します。

つまり、動画を視聴したあとの行動としてどのような行動を期待するのか、そしてそのためにどのような気持ち・感情になって貰う必要があるのかを明確にしましょう、ということです。

当然ですが、やはりこの点についても目的との紐づきがあり、目的の解像度が低いとターゲットやコール・トゥ・アクションも同じように解像度が低い可能性が高いです。

もし、動画制作を具体的に検討しているようでしたら、まずはこれらのポイントを整理することから始めてみましょう。

タクシー動画広告の最新事例5選

【タクシー広告】Udemy Business サービス紹介 (30秒)

広告運用自動化ツール「Shirofune」タクシーCM『ウワサの広告代理店潜入レポート!』篇

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

挑戦者を応援する法人カード「UPSIDER」タクシー広告(30秒)

【企業様向けタクシーCM】学生さんとの新しいつながり方 インタツアー

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

commmune TAXI広告「コミュニティならコミューン」編 Type-A

最後に

いかがでしたでしょうか。とても当たり前のことですが、目的やターゲット、媒体特性などによって動画の企画や表現方法は大きく変わります。過去のマーケティング活動から得られたデータや示唆をもとに、しっかりと情報を整理した上で、代理店や制作会社と連携して動画制作を行ってみて下さい。

情報整理や予算の検討などの事前準備がご不安な方は筆者がお手伝いいたします。
是非、下のボタンからお気軽にお問い合わせください。

caseでは動画制作のご依頼も承っております
動画制作実績400本以上のプロデューサーが『失敗しない動画制作の秘訣』を惜しみなくお伝えしながら、実績に裏打ちされた高いコストパフォーマンスで高品質な動画制作をご提供します。
ご担当者様に寄り添った安定した制作進行管理を心がけていますので、初めての動画制作の方も安心してお気軽にお問い合わせ下さい。
caseを通して、できること
動画制作のご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください(無料です)

この記事を書いた人

【株式会社case 代表取締役/動画制作プロデューサー】加藤智史
新卒で入社した動画制作会社で広告・マーケティング・採用・人材研修など約400本の動画制作に携わる。その後、TVCMなどの制作を行う、大手制作会社にアカウントエグゼクティブとしてジョイン。数千万円規模のプロモーション案件に携わり、動画にとどまらないクリエイティブ制作やプロジェクトマネジメントを経験。現在は本メディアの運営を通じた企業の動画制作支援や、動画制作会社の営業支援などを行う。動画制作のご依頼の流れはコチラ

目次