マッチングアプリのプロモーション動画の活用と制作のポイントを徹底解説。事例もご紹介。

2009年にスマホ出荷台数の7割がiPhoneが占めたと言われ、急速にスマホが普及し始めすでに10年以上が経過しました。そして今や老若男女の誰しもがスマホを1台は持っており、TiktokやInstagra,LINEやポケモンGOなど各世代共通のアプリから、明確にユーザーの年代や属性が分かれているアプリまで幅広いアプリがユーザーの生活を支え、彩っています。

そんなスマホの普及によって爆発的に広がったサービスの1つが「マッチングアプリ」です。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング社のリサーチによると、マッチングアプリを含むオンラインの恋活・婚活サービスの市場はここ数年で大きく伸びています。

オンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は2021年に768億円、2026年には1,657億円になると予測されている。
市場規模は、ユーザーがオンライン恋活・婚活マッチングサービスの利用に支払う利用金額の推計年間合計額をもと
に算出されている。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/meeting_materials/assets/internet_committee_220121_0002.pdf

本記事ではそんなマッチングアプリのプロモーション動画制作について、事例をご紹介しながら制作のポイントを解説します。

目次

マッチングアプリのプロモーション動画についてよくあるQ&A

アプリ紹介・アプリプロモーション動画の制作費はどれくらい?

制作する動画や企画の内容によりますが、概ね50〜300万円ほどの幅で制作されるケースが多いです。WEBCMやTVCMなどでの放映の場合は500〜1000万円を超えるケースもあります。

マッチングアプリプロモーション動画の制作期間はどれくらい?

制作する動画や企画の内容によりますが、比較的シンプルなものであれば1ヶ月・一般的なもので2ヶ月・タクシー広告やTVCM等の場合は3〜4ヶ月程度を想定おくと良いでしょう。

マッチングアプリプロモーション動画の活用方法はどのようなものがある?

大きくは、TVCM、、SNS動画広告、の2つに分類されます。

アプリ紹介・アプリプロモーション動画の活用方法

TVCM

アプリが市場で一定評価され、感度の高いユーザーのダウンロードや利用が進み、複数回の資金調達なども完了し、更にドライブしていくぞ!となるとTVCMにトライするケースが多くあります。

特にいわゆる「レイトマジョリティ層」においては「TVCMをやっている」というだけで信頼につながったり、また、タレントの起用効果も含めて多くの人に認知されることでアプリダウンロードの心理的なハードルが下がる効果も期待できるため、ユーザーの獲得に向けた施策として有効に機能していると考えられます。

Youtube/FacebookなどのSNS動画広告

リスティング広告や静止画クリエイティブを活用したDSP/SNS広告、コンテンツマーケティングなどによる顕在層・潜在層へのアプローチに一定の手応えをつかみ、PMF間近あるいは、PMFを達成したと思われるアプリによる次なる一手として活用されることが多いのが、Youtube/Facebookを代表とするSNSでの動画広告です。

TVCMやタクシー広告と比較するとかなり細かな配信設定が可能であるため、上記のような施策でROIを細かく追っている状況でどの程度動画広告が寄与するのか/したのかのPDCAを回しやすいというのはSNS動画広告の大きな特徴の1つです。

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

アプリ紹介・アプリプロモーション動画の制作のポイント

目的を明確にする

マッチングアプリプロモーション動画を制作する上で、非常に重要なのがその目的を明確にし、可能な限り解像度を上げることです。

例えば、動画制作の最終的な目的の多くは「アプリをダウンロードしてもらう」などでしょう。

では「ダウンロード」してもらうために、動画はどのような役割を果たすべきでしょうか。

  1. アプリの特長を把握してもらい、必要十分な機能があると理解してもらうこと
  2. アプリのダウンロードによって実現できることを知ってもらい、出会いに寄与すると感じてもらうこと
  3. アプリのダウンロードによって実現する世界に共感してもらい、トライアルしてもらうこと

など、アプリの特徴やマーケティング上の課題によって動画の役割も大きく変化します。

自社アプリが持つ強みや、何が相手の意思決定の材料になるのかをしっかりと分析・把握し動画の役割を明確にしましょう。

ターゲットを明確にする

この動画は「誰が見るのか」「誰に観せたいのか」を明確にしましょう。前述の動画の役割にも紐づきますが、この動画を観る人が

  • 比較的情報感度が高く、新しいサービスへの興味関心が高い人
  • トレンドに敏感で、新しいモノ好きな人
  • あまりITリテラシーが高くない、いわゆるレイトマジョリティ層

…など、動画を見る人が誰であるかで訴求するべきポイントや表現方法は大きく変わります。何が相手の意思決定の材料になるのかをしっかりと分析・把握するためにも、ターゲットは明確にする必要があります。

予算を確保する

目的・役割とターゲットが明確になれば、「この人に、この情報を、こんなふうに伝える」ということまで決めることができます。

しかし、予算が足りなければ「こんなふうに伝える」の部分が弱くなってしまったり、十分に表現できない可能性があります。

例えば、

  • アプリのメリットやベネフィットはアニメーションで表現した方が理解してもらいやすい
  • より広い認知を獲得するためにタレントを起用したい
  • 様々なシチュエーションにおけるベネフィットを提示するために、複数パターンの撮影が必要である

など、適切な演出を加えたくてもそれらの機材・人を用意できなければそれは叶いません。

マッチングアプリのプロモーション動画は数十万円からの制作が可能ですが、企画内容や活用媒体によって制作費は大きく変わるため、できる限りお財布には余裕をもたせておいたほうが良いでしょう。

アプリ紹介・アプリプロモーション動画の事例

前述した動画の活用方法別の事例をそれぞれ3つずつピックアップしました。ぜひ御覧ください。

TVCM

ペアーズTVCM「本命ならペアーズ」ハイライト篇〜小関裕太・横田真悠出演〜(R18)

【りそなグループCM】「新しい口座はアプリの使いやすさで選ぼう。」篇(30秒)

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

タップル TVCM|さぁ、恋(本人確認編)

Youtube・FacebookなどのSNS動画広告

タップルで出会った!カップルインタビュー[告白編]

Omiai(オミアイ)Web CM | 「本気のふたりを、結ぶもの。」

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

【詳細プロフィール】居住地•職業•タバコ•お酒好き•結婚意思などがわかる(R18)

最後に

いかがでしたでしょうか。当然といえば当然なのですが、目的やターゲット、媒体などによって動画の企画や表現方法は大きく変わります。特にtoCアプリの運営企業であれば詳細なマーケティング情報を適切に運用しているケースが多いため、制作会社や代理店に必要な情報を伝えることができれば、精度の高い企画の立案が可能なはずです。

マッチングアプリプロモーションに動画を活用される際には、制作会社や広告代理店に相談するまえに一度情報整理や予算の検討など、事前準備をしっかりと行った上で問い合わせるようにしましょう。

情報整理や予算の検討などの事前準備がご不安な方は筆者がお手伝いいたします。
是非、下のボタンからお気軽にお問い合わせください。

caseでは動画制作のご依頼も承っております
動画制作実績400本以上のプロデューサーが『失敗しない動画制作の秘訣』を惜しみなくお伝えしながら、実績に裏打ちされた高いコストパフォーマンスで高品質な動画制作をご提供します。
ご担当者様に寄り添った安定した制作進行管理を心がけていますので、初めての動画制作の方も安心してお気軽にお問い合わせ下さい。
caseを通して、できること
動画制作のご依頼はこちらからお気軽にお問い合わせください(無料です)

この記事を書いた人

【株式会社case 代表取締役/動画制作プロデューサー】加藤智史
新卒で入社した動画制作会社で広告・マーケティング・採用・人材研修など約400本の動画制作に携わる。その後、TVCMなどの制作を行う、大手制作会社にアカウントエグゼクティブとしてジョイン。数千万円規模のプロモーション案件に携わり、動画にとどまらないクリエイティブ制作やプロジェクトマネジメントを経験。現在は本メディアの運営を通じた企業の動画制作支援や、動画制作会社の営業支援などを行う。動画制作のご依頼の流れはコチラ

目次