制作会社の選び方

実はかなり難易度が高い「良い動画制作」を実現するということ

動画制作を行う時、良いパートナーさえ見つかれば、良いクリエイターさえ見つかれば
きっと良い動画を制作することができるはず…

そうお考えの担当者の方も少なからずいるのではないでしょうか?

もちろん、動画制作を行う上でその役割を担う制作会社やクリエイターの質や相性というのが
非常に重要な要素であることは間違いありませんが、
私は決してそれだけで「良い動画制作」ができるとは考えていません。

ここでは、「良い動画制作」にするために必要な要素を私なりにまとめてみましたので
これから動画制作をお考えの担当者の方はぜひご参考下さい。

良い動画制作とは

ここでいう、「良い動画制作」というのは単にクリエイティブとしてのクオリティが
高いということではなく発注者であるあなたや、あなたの会社が「満足」できる
動画制作であるかどうかということです。

企業がプロにお金を払って仕事を依頼する以上、合意したクオリティの動画を
制作・納品するということ自体は「当たり前」のことです。

では、クオリティを含め企業担当者が検討している「動画制作」にもとめられる
ものとはどのようなことでしょうか。

・高いクオリティ

・視聴者へ正しく情報を伝えること

・視聴者の興味を惹くこと

・より多くの人に見てもらうこと

単に「動画」そのものに求める役割だけでもいくつもの選択肢があります。

また、その中で優先順位や重要度を決めることも意外と難しいのですが
動画制作において大きな割合を占めるものとして「動画」そのものだけではなく
「制作過程」もその一つです。

どんなに効果の高い動画を制作できたとしても、どんなにクオリティの高い動画を
制作できたとしても、その制作過程において発注者であるあなたが大きなストレスを
抱えることがあればきっとその制作会社やクリエイターに再度発注するということは
無いでしょう。

だからこそ私は、

・求める効果
・求めるクオリティ
・スムーズな制作進行

この3つが満たされて初めて「良い動画制作」なのだと考えています。

「良い動画制作」にするために

では、その「良い動画制作」にするためには何が必要なのでしょうか?

これはあくまでも筆者の考えですが「良い動画制作」を実現するために
必要なものは2つだけです。

・正しく情報を整理すること

・適切なパートナーを選ぶこと

この2つをクリアすることができれば、制作会社や発注者側に致命的なミスが
発生しない限りきっと「良い動画制作」を実現することができるでしょう。

では、この2つをクリアするためにはどうすればよいのでしょうか。

正しく情報を整理する

 

コチラの記事でも紹介していますが、制作会社を探すよりもイメージに近い動画を
探すよりもまず真っ先に行うことは「情報を整理すること」です。

・動画を制作する目的はなんなのか?

・そもそもなぜ動画を制作しようとという話がでたのか?

・誰に見せるのか?どこで見せるのか?

・動画がベストソリューションなのか?

・いつまでに必要なのか?

・予算はどれくらいあるのか?

例えば、ここで挙げたような項目を今記事を読んでいるこのタイミングで全てに
高い精度で答えることができるでしょうか?

もしそうでなければ、制作会社を探すよりもまずは改めて社内で情報を整理し
しっかりとコンセンサスを形成することを最優先にすすめていきましょう。

制作会社へ正しく整理された情報を伝えなければ、制作会社は当然正しい企画を
立案することができません。

また、本来社内で完結できるはずの情報整理すらも制作会社の力を借りることになれば
本来クリエイティブに充てられたはずの制作会社のリソースを削ってしまうことになります。

つまり、動画そのもののクオリティに影響を及ぼしかねないということです。

「完璧」である必要はありませんが、可能な限り精度の高い情報を提供できるよう
しっかりと準備を行いましょう。

適切なパートナーを選ぶ

 

しっかりと情報を整理することができれば、次は制作パートナーを選びます。
「適切」とは、目的や予算にマッチした制作パートナーを選ぶということです。

私がここで「制作パートナー」としているのは、必ずしも発注先が制作会社で
ある必然性は無いと考えるからです。

動画制作を外注する場合、その選択肢は大きく3つです。

①広告代理店へ発注する

②動画制作会社へ発注する

③個人クリエイターへ発注する

①から順に、コストは高くなりますが担当者の負担は少なくなる…と考えて
頂ければと思います。
(もちろん、そうではないケースもありますが…)

どのようなケースでどの選択肢を選ぶべきであるか…などの詳細については
長くなるので別コチラでご確認下さい。

正しく情報を整理した上で、発注者であるあなたの状況・状態によって
適切な発注先は変わってくると私は考えています。

それは、単に複数の制作会社に声をかけて見極めが必要だということではなく
予算や担当者のリソース、リテラシーに応じて選ぶべき選択肢が変わってくるということです。

代理店や制作会社、クリエイターを選ぶのはあくまでもその次のステップなので
ここで選択を誤ってしまうと限られたリソースを最適に配分することが
非常に困難になってしまうため、

自身の状況・状態をしっかりと見極めた上で発注先を検討してみてください。

最後に

動画制作やその外注経験がある人にとっては、当たり前のことかもしれませんが
初めての人にとっては右も左もわからない状態で会社から予算と責任を持たされ
不安な状態だと思います。

しかし、私の経験上「動画制作に長けていなければできないこと」が企業担当者に
求められるのは「個人クリエイターに発注する」という選択肢を取る時くらいです。

それ以外の選択肢で進めるのであれば、動画制作の経験や知見がなくても十分に
円滑に動画制作を進行し、「良い動画制作」を実現できるはずです。

動画制作は、制作前には影も形もない状態から少しずつクリエイティブとしての
姿が見えてくる非常に面白い仕事です。

ぜひしっかりと準備して、動画制作そのものを楽しんで頂けたら幸いです。

動画制作や動画制作会社選びについて相談したい…という方はこちらからお問い合わせください。

ご状況に合わせて、動画制作・動画制作会社選びをサポート致します。

動画制作について相談する