採用動画

差別化への一歩。採用コンセプト動画活用のススメ

圧倒的な認知度や技術力、よほどニッチな業種ではない限り
「ウチでしかできない仕事」を武器に採用プロモーションを行うというのは
現実的な方法ではありません。

業界・業種やその会社ならではの制度、福利厚生の充実度などの
客観的な事実を基に採用プロモーションを行うというのも1つの方法ですが、

どんな会社でもその会社にしかない、唯一無二のものを武器にする方法があります。

それが、「採用コンセプト」です。

・どのような思いで採用活動を行っているのか。
・どんな未来を目指しているのか
・どんな人に入社して欲しいのか

そんな採用活動を行う上での根本的な想いや願い、信念や未来を多くの人と
共有できる形にした「採用コンセプト」は決して同じものなど存在しない
唯一無二の武器となります。

今回はそんな採用コンセプトを伝えている動画をピックアップしてみました。

 

100本以上の採用コンセプト動画がこコチラに

 

西日本旅客鉄道株式会社

JR西日本さんの新卒採用コンセプト動画です。

「LINK WEST つなげよう。目指す未来へ。」というコンセプトを
一筆書きのアニメーションで表現しています。

おそらく、「つなぐ」という言葉の意味を表現するために1本の線でつながっている
一筆書きのアニメーションという表現方法を採用したのでしょう。

採用サイトを覗いてみると、線路でつながる地域やインフラとして社会を支えている
現状に満足することなく、今後は西日本というエリアや鉄道分野以外にもつなげていく…
という想いと事業展望が込められているようです。

伝えたい想いとその表現方法などはとても参考になるものだと思います。

株式会社フェリシモ

神戸を拠点に自社開発製品の通販事業を展開している株式会社フェリシモの
採用コンセプト動画です。

言葉で表現するのが難しいですが、この動画を見ていただくとフェリシモさんが
何を大切にして自社製品の開発などの仕事に取り組まれているのかが伝わってきます。

「最後は気持ち」というコピーが彼らの製品にどう反映されているのか。
そこに自信があるからこそ、この採用コンセプトが設定されたのでしょう。

この動画と、フェリシモさんの製品をみて「最後は気持ち」を感じた学生には
高い志望度とマッチングの精度が期待できそうです。

株式会社コロプラ

スマホゲームの制作・配信をおこなっているコロプラさんの採用コンセプト動画です。

動画の前半は自社で働くゲームクリエイター4人が一緒に仕事をしたり、遊んだりしている様子で構成されおり、一見ちょっとおしゃれなイメージ動画っぽいのですが、

動画後半に4人が真剣にゲームクリエイターについて語っている内容は真剣に仕事に取り組む
人の姿として惹きつけられるものになっています。

この動画をみると、きっと「自分もこんなふうに働きたい」と思うのではないでしょうか。
それほど「仕事を、遊ぼう」というコンセプトが魅力的に表現されています。

株式会社PARADOX

ブランディング・クリエイティブ事業を展開している、株式会社パラドックスの
採用コンセプト動画です。

まるで、一枚もののポスターや大きな写真とコピーでシンプルに構成されたパンフレットを
動画化したようなクリエイティブとなっています。

イメージカラーのみのシンプルな背景。
社員の方のアクションと、ちょっとした小物。
それらを補足する端的だけど力のあるコピー。

構成としては非常にシンプルですが、それだけにパラドックスという会社がどのような会社
なのかがとても良く理解できます。

そして、「とても良く理解できる」クリエイティブそのものがパラドックスという会社に
強い魅力を感じさせますね。

私も動画クリエイティブに携わった端くれではありますが、自分がお客さんなら
こんな会社と仕事をしたいすら思わせてくれます。

田辺三菱製薬株式会社

「薬」を「一人でも多くの患者さんを救いたいという強い想いを抱く健気な少女」に置き換えることで、
田辺三菱製薬さんが大切にしている「MRとしてのあり方」が表現されています。

MRというと、製薬会社が取り扱っている薬や領域による違いはあれど
その会社である理由を見つけるのはなかなか難しそうですが、

このような形で想いが具現化されていると、共感を得やすいですね。

「患者さんのために」というのは、おそらくどの製薬会社も掲げるメッセージですが
その温度や色を、会社が求める人材や想いに限りなく近づけることで
ミスマッチを防ぎ、効率的な採用へとつなげることが可能となります。

最後に

採用コンセプトは、その会社や採用担当者の想いと採用ターゲットなどの市場を
しっかりと見つめることからしか生まれません。

自社の思いをただストレートに発信するのではなく、それをどのようにターゲットに届けるのか。

まずはそれを言葉として表現し、さらにそこに込められた想いを動画という形にすることで
より多くの人に伝えることができるはずです。

差別化をどう図るか…とお考えの採用担当者の方はぜひ参考にしてみてください。