動画制作・映像制作会社へ外注する前に読むサイト

はじめての方に寄り添う動画制作

株式会社caseは全国対応で相談・見積り無料です
どんな些細なことでもお気軽にご相談ください

様々な用途の動画制作に対応しています

商品紹介動画

サービス紹介動画

アプリ紹介動画

プロモーション動画

CM[TV/WEB/タクシー]

広告動画

ブランディング動画

コンセプトビデオ

ビジョンムービー

パーパスビデオ

CSR動画

お客様の声動画

ドローン撮影やライブ映像配信、モーショングラフィックスや3DCG、ストップモーションやホワイトボードアニメーション、プロジェクションマッピングやVR/AR映像にいたるまであらゆる動画に対応可能です。もちろん4K/8K解像度にも対応できます!

はじめての方に寄り添う動画制作

株式会社caseは全国対応で相談・見積り無料です
どんな些細なことでもお気軽にご相談ください

企業活動において動画コンテンツの制作は、今や欠かせない戦略の一つです。採用、広報、ブランディングといった多岐にわたる目的で利用され、その有効性は数多くの事例によって証明されています。採用活動においては、企業文化や仕事の魅力をリアルかつダイレクトに伝えることで、求職者の心を動かし、優秀な人材の獲得に直結します。広報やブランディングでは、製品やサービスの特徴を視覚的に訴求することで、顧客の理解を深め、企業イメージの向上に貢献します。

また、動画は他社との差別化を図る強力なツールとなり得ます。同じ業界内であっても、独自の視点や表現で動画を制作することで、企業独自の価値を際立たせることが可能です。特にSNSの普及により、一つの動画が瞬く間に拡散し、企業の知名度向上に大きく貢献するケースも少なくありません。

わたしたち動画制作会社は、企業の皆様が抱える課題を解決し、目的達成をサポートするために、最適な動画コンテンツの提案から制作までを一貫して行います。動画を通じて、企業の魅力を最大限に引き出し、目標とする成果の実現を目指しましょう。

株式会社caseは動画制作のプロフェッショナルとして、皆様の取り組みを全力で支援します。

動画制作におけるプロフェッショナルとアマチュアの違い

動画制作において、プロとアマチュアの違いは非常に顕著で、この違いは技術面、クリエイティブな視点、そしてプロジェクト管理能力において明確に表れます。

まず技術面では、プロの動画制作者は最新の機材を駆使し、高画質で滑らかな映像を制作することができます。また、編集技術も高度で、色調整や音響調整など細かい部分にまでこだわり、完成度の高い動画を作り上げる能力を持っています。対照的にアマチュアは技術的な限界がある場合が多いです。

次に、クリエイティブな視点において、プロの制作者は独自の視点とストーリーテリングの技術を持っています。目的やターゲットに合わせた内容を計画的に構成し、視聴者に強い印象を与える動画を制作することができます。

最後に、プロジェクト管理能力です。プロの動画制作者はスケジュール管理や予算管理をはじめ、クライアントとのコミュニケーション、変更や問題への対応など、プロジェクトを円滑に進行させるための能力を備えています。これに対してアマチュアは、プロジェクト全体の管理経験が乏しくなりがちで、期限の遵守や効率的な作業進行が難しい場合があります。

以上のような違いから、企業がプロに動画制作を依頼することは、高品質でメッセージ性の強い動画を確実に制作するための最良の選択といえると思っています。

具体的な動画制作の流れ

動画制作の工程は大雑把に言うと「シナリオ・絵コンテ作成」「撮影」「編集」「ナレーション収録」の大きな4つの工程があります。

株式会社caseに動画制作をご依頼いただければ、どのような目的で動画を作成したいのかを詳しくお聞かせいただければ、企画提案から納品までワンストップでご対応させていただきます。

もっと詳しく動画制作のフローをお知りになりたい方は、以下の記事をご覧いただければと思います。

動画制作にまつわるよくある質問

Q. 動画制作にかかる費用はどれくらいですか?

5万円で制作できる動画から、簡単そうに見えて1000万円かかる動画まで条件によって大きく幅があるので一概には答えにくく、caseでも料金表はご用意していません。詳しい理由は以下の記事をご覧ください。

一般的には50万円~300万円くらいのご予算で制作できるように工夫をいたしますが、TVCMのようなものや有名人をキャスティングしなければならないもの、CGを駆使しなければならないもの、遠方に出向くなど特殊な撮影をしなければならないものなどの条件がつくとコストは何倍にもなってしまいます。

Q. 制作期間はどのくらい見積もれば良いですか?

最低でも一ヶ月は見込んでいただければと思います。最初にご相談をいただいてから企画提案をしてご発注いただけるまで二週間、「撮影・ナレーション・編集」で一ヶ月半、合計二ヶ月を見込んでいただけると少し余裕を持てるのでリスクも低く、品質もあがるかと思います。

Q. 動画制作の全体の流れはどうなっていますか?

お問い合わせいただきましたら、どのような目的で動画の制作を検討しているのかを詳しくヒアリングさせていただきます。その後、その目的を叶えるためにどのような動画が適切かを考えて企画提案させていただきます。

商談までの流れについては以下の記事をご覧ください。

スケジュールや予算も含めてご納得いただけ、ご発注いただきましたら残りの工程は私たちプロにお任せください。お客様は成果物を確認して気になる点をご指摘いただくだけです。

Q. 自社で準備すべきものはありますか?

「どのような目的で動画を必要としているのか?」これだけを先ずはご用意ください。それを手助けするために以下のような記事を書いておりますので、ぜひご参照ください。

Q. 動画の長さはどのくらいが理想的ですか?

目的や動画を配信するプラットフォーム、ターゲットなどにより最適な回答は異なります。

Q. 動画制作における修正は何回まで受け付けていますか?

契約条件によって異なります。なるべく修正が発生しないような進行を心掛けています。

Q. 動画の配信方法や活用方法についても相談できますか?

はい!動画の制作だけではなくマーケティングも含めたご相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社caseは動画制作事業と動画制作を外注(アウトソース)する人のためのノウハウメディア「case」の運営事業の二つの事業を運営しています。

当サイトをご覧いただいている読者様にはcaseをオウンドメディアとご認識いただいているかと思いますが、動画の制作もおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

当サイトでは動画制作の外注時に発注者側が知っておいたほうが良いことや、準備しておいた方が良いことなどを発信することで、制作会社側のコストになっていた営業工数を削減し限られた予算の中でより高い価値を届けられるようにしたいと考えています。

「動画制作の外注ノウハウ」に特化した唯一無二のメディア

「動画制作における情報の民主化」によって動画制作における満足度の向上を実現し、発注者側・制作会社側双方がより良い動画制作をできるようにしたいという想いがあります。

外注ノウハウだけではなく制作進行における情報も発信

動画制作を外注する際に重要なのは発注するまではもちろんのことですが、発注後の制作進行におけるコミュニケーションも重要です。caseでは動画そのもののクオリティに加え、制作進行にも同等に重要だと考え「良い動画」を納品するだけではなく「スムーズに進行するために必要な情報」も発信しています。

すべての記事を代表である加藤が企画・執筆・監修

公開している記事は代表の加藤が企画、執筆、監修を担当しています。SEOを期待したコンテンツもありますが、検索ボリュームを期待できない分野でもできる限り現場に近く役立てて頂けそうな情報を発信しています。

動画制作の新着記事一覧

株式会社caseでは動画制作のご依頼を承っております。

動画制作実績400本以上のプロデューサーが『失敗しない動画制作の秘訣』を惜しみなくお伝えしながら、実績に裏打ちされた高いコストパフォーマンスで高品質な動画制作をご提供します。

ご担当者様に寄り添った安定した制作進行管理を心がけていますので、初めての動画制作の方も安心してお気軽にお問い合わせ下さい。